Champion Sports Medicineの隣のビルにあるアメリカスポーツ医学研究所に行ってきました。

この施設ではバイオメカニクスの研究が行われていて、特に投球フォーム分析と投球フォームと投球障害肩・肘との関連等に関する文献がこの施設から多数出ています。
写真は、フェローの時にも非常にお世話になったFleisig博士。

関連サイト:http://m.mlb.com/pitchsmart