ユース期における投球障害のリスク要因と危険率

アメリカのアラバマ州で野球を行っている9歳から14歳までの481人を対象にした投球障害に関する調査があります。この調査方法は、電話による聞き取り調査、クリニックでの診察時の問診によっておこなわれ、その結果をまとめたものです。

調査結果によると、

年間100イニング以上登板することによって、肩関節・肘関節の障害危険率は3.5倍高まる

骨端線(骨が成長する部分)が閉鎖する前にカーブを投げると、肩・肘関節の障害危険率が1.6倍高まる

ことを指摘しています。

w92

☞ 成長期の投球障害予防のポイント

● 投げ過ぎに注意し、変化球の投球開始年齢に考慮する

 

変化球を習得する推奨年齢

U.S.A .Baseball Medical & Safety Advisory Committee  1996年(全米ベースボール医学&安全顧問委員会)

ストレート 8歳

チェンジアップ 10歳

カーブボール 14歳

ナックルボール 15歳

スライダー 16歳

フォークボール 16歳

スプリットボール 16歳

スクリューボール 17歳

 

参考文献

Fleisig, et al: Risk of Serious Injury for Young Baseball Pitchers  A 10-Year Prospective Study      Am J Sports Medicine 2011,39(2), 253-257