野球肩・野球肘・腰痛・肉離れ・捻挫など野球の怪我、スポーツの怪我に特化した治療院です。

プロ野球

  • HOME »
  • プロ野球

 

プロ野球での指導実績

近鉄バファローズ

【2軍トレーニングコーチ 1998年-1999年】

近鉄では若い選手の体力強化を担当。現在は取り壊されて無くなってしまったが藤井寺球場のライト後方にあった若手選手が住んでいた合宿所に入寮し選手と寝食を共にしながら選手の強化をサポートしました。写真は選手と一緒に肩甲骨周囲筋群のトレーニングに励んでいる院長です。

 

中日ドラゴンズ

【コンディショニング&リハビリコーチ 1996年-1997年】

2年間のアメリカ留学から1995年夏に帰国。その後、第2次星野政権下で球界初となるコンディショニング&リハビリテーションコーチに就任。当時手術を受け1軍復帰を目指していた山本昌や前年度怪我で戦列を離れていた立浪、山崎、中村ら1軍主力メンバーをはじめ多くの故障者のリハビリを担当。就任1年目に多くの選手を1軍復帰させることができ、この時の経験が現在非常に役に立っています。

 

Birmingham Barons

【シカゴホワイトソックス傘下2A アスレティックトレーナー 1994年】

オールスターの先発も務めたこともある日系3世アトリー・ハマカーが肩を痛め治療とリハビリを兼ねマイナーリーグに降格していた。アメリカ留学1年目の院長(下の写真中央)に、球団関係者から電話が入り『日本人トレーナーの鍼治療を受けたいとアトリーが強く希望しているのでサポートしてもらいたい』と要請があり実現。当時このチームにはNBAを1度引退したバスケットボール界のスーパースター、マイケルジョーダンがメジャーリーグに挑戦するために在籍。院長は彼の身体能力の高さに非常に感動しました。

 

ヤクルトスワローズ

【1軍トレーナー 1984年-1993年】

10年間の在籍期間、最初の6年間はBクラスに低迷していたチームに、名将野村克也監督が就任。最初のミーティングで選手、スタッフの前で『1年目に種をまき、2年目に実を持たせ、3年目に花を咲かせる』と言われたことが現実となり就任3年目でセリーグ優勝、4年目に日本一になったことが非常に良い思い出となっています。野村監督からは非常に多くのことを学び、現在でも院長の仕事に大いに役に立っています。

 

予約制 お電話でご予約をお願いします TEL 042-649-8189 平日 10:30 - 20:00 日曜・祝日 10:30 - 19:00【休診日:火曜・木曜日】

PAGETOP
Copyright © Kスポーツマッサージ鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.