タマネギには健康に良いと言われている多数の効能が知られています。タマネギは独特のにおいがするイソアリインという硫黄化合物と消化吸収を促進するアリナーゼという酵素が含まれています。タマネギを切って空気に20分触れると、この2つの物質は混ざり合いチオスルフィネートという物質が生成されます。このチオスルフィネートはがんの抑制、喘息発作を静め、血糖値を下げる効能があると言われています。しかし、切ったタマネギを水に浸してしまうと2つの物質が混ざり合うことができずチオスルフィネートを生成することができません。また、イソアリインとビタミンB1が結合すると糖代謝が高まり疲労回復に役立ちます。さらにイソアリインの一部は体内でサイクロアリインという物質に変換し、血液が固まるのを抑え、血栓を溶かし、脂質の減少など血栓を予防する効果が高いことが知られています。また、老化の原因になる活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用も注目されています。1日 1/4個分のタマネギを摂取することをお勧めします。