勇気ある決断

昨日、岩手県高校野球決勝がおこなわれ花巻東高校が2年連続甲子園出場を果たしました。決勝は令和の怪物佐々木投手のいる大船渡高校との対戦になり、花巻東は佐々木投手を打ち崩すことができるのか、佐々木投手は連投となる決勝で登板するのか注目が集まりましたが、結果は花巻東高校の優勝、佐々木投手は登板しませんでした。

あと一つ勝てば悲願の甲子園出場という状況下で大船渡高校国保監督が下した勇気ある決断に敬意を表したいと思います。
目の前にある甲子園出場という大きなチャンスよりも佐々木投手の将来を見据え障害によって潰してしまう危険性を考え決断されたと思います。
しかし、野球は投手だけではなく野手、ベンチのメンバー全員で戦うスポーツなので、ここまで頑張ってきた他の選手の気持ちも考え、この決断に至るまでの国保監督の苦悩は計り知れなかったのではないかと察します。
素晴らしい指導者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

熱中症対策

次の記事

鍋屋横丁祭り