野村克也前監督をしのぶ会

ヤクルトスワローズ時代の恩師、野村監督をしのぶ会に出席するため神宮球場に行ってきました。
ヤクルト、阪神、楽天、ソフトバンク(南海)、ロッテ、西武6球団による合同会として行われました。監督に育てられた古田敦也氏も弔辞で言っていましたが、野村監督はよく我々に『金を稼いだ者は三流、名声を残した者は二流、人を育てた者は一流』と言われていました。監督に育てられたヤクルト高津監督、阪神矢野監督、楽天石井監督、西武辻監督、日本ハム栗山前監督、サムライジャパン稲葉監督が今年は監督として指揮をとりました。他にもコーチや私も含めサポートスタッフを育てて頂き、野村監督には言葉では言い表せないほどお世話になり感謝しています。
今日は最後のお別れを言ってきました。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

声が弾んでいた患者さん